あなたはポジションを取るときにどこまで待てばよいか、分かっていますか?

チャンスを捕らえられるひととチャンスを逃す人の差は極めて大きい。
チャンスを捕らえられるひととは、簡単で明快な相場。又は自分の得意とする相場までじっくり待てるひとです。

ですから、簡単で明快な相場が分かることや、自分の得意な相場が分かれば、そこがあなたが待つべきポイントになるのです。

それでも、ポジションを取れずに行ってしまったとき、チャンスを逃したと思っていませんか?
行ってしまったら、次が来るから美味しいんです。
残念がらずに値動きを見るチャンスと思えばよい。
値動きが分かれば上でも下でもチャンスは沢山あることに気づきます。

勝ちパターンを見つけるということは、相場の99%は捨てて1%以下のチャンスを逃さないということです。
敗者とはこれに耐え切れず、99%の不規則相場に賭けてしまうひとです。

忍耐が必要なのはノーポジションでエントリタイミングを待っているとき。
「チャンスを逃すかもしれないという恐怖感と戦っている。」まずはこの戦いに勝利しましょう。
それでも、待たないことで敗北することもあるでしょう。その経験を積むことが、待てる勝利者を育ててくれます。

そうして、あなたが勝ち得たそのトレードパターンは、あなたが、体験し、検証し、鍛錬して作り上げたものであり、自身の血と汗と涙の結晶です。
ですから、他人からもらうことも、与えることもできないのです。

そしていつしか、鉄板パターンをいくつも持って、瞬時にそれを見抜き。
そこでどっしりと待ち構えて、決してチャンスを逃さない。
そんなトレーダーになることでしょう。

しかし、トレードスキルは一度身に着けたら、それで、万能というものではない。
常に継続、努力、学習をしていなければ感覚は鈍りルールを守らなくなる。
継続しつづけるエネルギーこそが大切なのである。