2020年は7月24日が「スポーツの日」となるのです。

この日は東京オリンピックが開幕予定でした。

そして、2021年以降は10月の第2月曜日が「スポーツの日」となります。

ということで、「体育の日」と呼ばれる日は2019年で最後でした。

なぜ来年だけ日にちが変わるのか?と言うと、そもそも「体育の日」は1964年の東京オリンピックの開会式の日に始まったのです。

それで、今回も2020年だけは「スポーツの日」が、オリンピック開会式予定だった7月24日(金曜日)になるということです。

athletics

また、2020年は「海の日」が7月23日(木曜日)なので、2020年は7月23日(木)~26日(日)夏の4連休となります。

2021年のスポーツの日は今のところ10月11日

しかし、2020東京オリンピックが2021年に開催となればスポーツの日も変更になる可能性がありますね。

そこで、一つ疑問が湧きませんか、前は秋にやっていたのに何故わざわざ猛暑の東京で真夏にオリンピックをやるのか?

水泳はいいとしても陸上競技なんかは秋の方がいいのではないか?と誰しもが思うところですよね。

その答えは「テレビができたから」

IOC(国際オリンピック委員会)は、年夏季五輪の立候補都市に対し、7月15日から8月31日までの間に開催することを求めていました。そして、東京は「7月24日から8月9日」を開催期間として立候補したのです。

オリンピックのスポンサーは各国のテレビ局、もともとスポーツイベントの多い秋に開催するのでは価値が薄く、スポーツイベントが少ない夏に開催してこそ、高い放映権料がとれるという事です。

TV

それで、テレビがまだ普及していなかった1964年は秋だったが、ここ30年来、オリンピックは夏に開催されるようになったというわけ。

オリンピックはアスリートファーストではなく、メディアファーストって事かもしれない。

いずれにしても、予算が無ければ開催できないのだから仕方がないということか?

体育の日と言えば運動会を思い出す人も多いのではないでしょうか?

undoukai

「体育の日」は英語でも「Physical education day」となっており、体を育む日だったわけですが、2020年からは「スポーツの日」になったのです。