ファイルを保存しようとしたら

「ファイルが見つかりません。ファイル名を確認して再実行してください。」

というエラーメッセージが出て困っている人必見

このエラーメッセージが表示されたら、コントロールされたフォルダーアクセス機能による可能性大です。

コントロールされたフォルダーアクセス機能

 これはWindows10以降の新機能 コントロールされたフォルダーアクセス機能です。この機能を有効にすることで、許可したアプリしか書き込みを実行できなくすることができます。
データを勝手に暗号化したり、パソコンを使用不能にして身代金を要求するランサムウェアの脅威から守ることができます。

 しかし、問題は、この機能を有効にすることで正規のアプリでも、登録されていない限り書き込みが禁止されるため、普段利用しているアプリを1つ1つ登録しておかないと、ファイルを保存できなくなることがあります。

コントロールされたフォルダーアクセス機能

この機能を有効にしたまま、書き込み許可をするアプリの追加方法は次の通りです。

  1. [設定]→[更新とセキュリティ]の順にクリック
  2. 画面左側のメニューから[Windowsセキュリティ]を選択
  3. [保護の領域]欄の[ウィルスと脅威の防止]をクリック
  4. [ウィルスと脅威の防止の設定]の欄の[設定の管理]をクリック
  5. コントロールされたフォルダーアクセスの項目下の[フォルダーアクセスの制御を管理する。]をクリック
  6. [コントロールされたフォルダーアクセス]欄の[アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する]をクリック
  7. 許可されたアプリを追加するをクリック→最近ブロックされたアプリ(ポップアップの中から選ぶ)
  8. 許可したいアプリが表示されたら+ボタンをクリック

今まで保存できていたのにできなくなった場合は最近ブロックされたアプリから選ぶとよいでしょう。それ以外ならば全てのアプリを参照から選択

ブロックされたアプリから選ぶ