追いかけてくるネコから犬が逃げるゲームを作ってみよう。

前回までのブロックを使って作り変えよう。

まずは完成形をみてみよう。

最初にネコのブロック

  • ネコは右の方からスタートするようにx座標を205にする。-120度に向けるで斜めにスタートさせる。
  • スタートするとき「まて-」と言うを追加。
  • 【色に触れるまで繰り返す】の中に動きのコードを入れることで、犬に触れるまで動きづづける。
  • 色に触れるのところは【Dog2に触れるまで繰り返す】をつかってもよい。
  • 壁で止まらないようにもし壁についたら跳ね返るを入れておく。
  • 最後に【つかまえたと言う】も入れてみよう。

次は犬のブロック

    • 犬は左の方からスタートするようにx座標を-100にする。
    • スタートするとき「にげろ-」と言うを追加。
    • 【ネコに触れたまで繰り返す】の中に動きのコードを入れることで、ネコに触れるまで動きづづける。
    • 【マウスポインタの方向に向ける】もこの中に入れることで、ずっとマウスのポインターを追ってくるように動く。
    • 壁で止まらないようにもし壁についたら跳ね返るを入れておく。
    • 最後に【やられた】も入れてみよう。

これで完成。旗を押してスタートさせてみよう。ネコは30歩づつ動くので速い、犬は15歩づつ動くので遅い。それから間の時間が0.5秒と0.7秒になっているのでネコからにげるのが大変だ。

時間や歩数を変えて動きの変化をみてみよう。それから言葉も自由に変えてみたり、ブロックを入れ替えてもっと面白いゲームにしてみよう。

【ジュニアプログラミング検定Scratch部門】について