地域共通クーポンいつまで使えるの?

有効期限は宿泊日の翌日23時まで、電子クーポンは使える場所が限定されているので注意。(店側が決済用のQRコードシステムを導入していないと使えない。)事前に使える場所を確認しておこう。

紙クーポンのほうが使える店は多いが、大手の予約サイトでは電子クーポンが発行されることが多い。

旅行代金の15%相当額を地域共通クーポンとして配布。(1,000円未満の端数が生じる場合には四捨五入(端数が500円以上の場合は1,000円のクーポンを付与)

GoToキャンペーンは2021年1月31日宿泊分までだが、

延長される見込みとなった。もう既に期間内の予約が難しい状況になっているが、予算はまだ十分にあるので、期間が延長となるのは間違いないだろう。いつまで延長になるかはまだはっきりしていない。

対象外だった東京発着も対象に

10月1日から東京発 及び 東京着(東京での入場・下車観光、食事の含まれる)の旅行も対象となる。

「GoToトラベルキャンペーン」の東京追加に際し、赤羽国土交通大臣は、すでに予約した旅行についても割引の対象に含める方針を示した。ただし、割引を受けるためには予約を取り直す必要がある。

GoToトラベル2020年7月22日から対象に

今回GoToトラベルの旅費35%部分が先行して対象になった。

7月27日からは、割引価格での宿泊が可能になるが、22日からの分は申請書で申請し還付する制度になっており、既に予約しているものも対象となる。

旅費にあたる部分の半額の7割が対象。つまり、旅行代金の35%(上限14000円)が還元ということになる。回数制限、連泊制限なし

そして、地域共通クーポンについても明らかになってきた。

こちらは、旅費にあたる部分の半額の3割が対象で上限6000円
つまり、旅行代金の15%ということになる。

  • 開始日は2020年10月1日
  • 対象はは観光施設、お土産店、飲食店、交通機関に使える。
  • 1枚1000円のクーポン券(四捨五入)お釣りはでない。
  • 配布場所は代理店や宿泊施設
  • 使えるエリアは旅行先の都道府県と隣接県で旅行期間中のみとなる。

旅行後に割引分の還付を申請する場合の流れ

※詳細は調整中であり、事務局の立上げ後に改めてお知らせがある予定になっている。
(1)旅行者から事務局への申請
→以下の書類を事務局に郵送又はオンラインで提出。
(例:宿泊の場合)
・申請書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)
・領収書(原本)
・宿泊証明書(宿泊時に宿泊施設から入手)
・個人情報同意書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)

とりあえず、領収書と宿泊証明書は大事にとっておこう。

Go To トラベル事業

GoToキャンペーンは既に、4月30日に予算成立済。その内容とは

GoTo_TRAVEL
旅行代金の半額、一泊あたり一人最大2万円補助
内訳は 70%が旅行代金割引、30%が現地クーポン(観光施設・土産物店・飲食店・交通機関)回数制限、連泊制限なしなので何度も使用できる。

  • 国内旅行(日帰りOK)
  • 国内在住者に限る
  • 旅行業者、旅行サイト経由で申し込みする必要あり
  • 申請手続きは不要

GoTo_EAT
飲食店
予約サイト
最大1000ポイント
食事代20%off

GoTo_EVENT
イベントチケット業者経由で20%off
物販クーポン
別イベントで使えるクーポンの配布など

GoTo_商店街
商店街のイベント、プロモーション、商品開発などに上限300万円を補助する。

GoTo_TRAVEL利用なら、とりあえず旅行社やネットなどでツアーに申し込むのが手っ取り早やそうだ。