ビットコインの利用者は世界で4000万人と言われている。

一方facebookの利用者は20億人超、

もちろんみんながリブラを使うわけではないだろうが、その数は圧倒的である。

リブラをビットコインと同じようにとらえてはいけない。

ビットコインは結果的に投資の対象にしかならなかったが、リブラは安定的な取引通貨的存在を目指しているという。つまり、ビットコインのように価格変動しない。投資の対象になりにくいものになるという。

そういった話に現実味を持たせているのが、リブラに参画を表明している企業だ。ネット支払いではおなじみのPaypalやアメックスなどお馴染みの所が名を連ねている。実現すれば、我々も必然的にこの流れに巻き込まれるだろう。
仮に、facebookの利用者の半数の10億人がリブラを使い始めたらどうなるのか?。

こんなことが、考えられる。

  • 通貨の弱い不安定な国の国民は自国通貨よりも、リブラを好んで使うようになる。
    だんだん、そういう流れはつよまり。国際的にも利用者は増え続ける。
  • リブラ利用者が増えて影響力が増すということは、相対的に自国の通貨を使う量が減り世界の通貨の価値が相対的に下がる。結果、各国の経済政策の影響力は弱まる。

今までのように、要人の一声で為替が上下するなんてことも弱まるかも。
もちろん、国も指をくわえてみているわけではないので、行先は相当不透明だが、リブラ構想が実現すれば、大旋風を巻き起こすことは間違いない。
掛け声だけで終わるかと思っていたリブラ構想が少しづつ現実のもととして、近づいてきている。

libraという名は古代ローマの通貨の名前

古代ローマの通貨「リーブラ」を語源としている通貨はトルコのリラ、それにイギリスのポンドがある。この二つの通貨記号が「l」(「£」)なのは語源が同じだからである。